読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株に興味ある人必見!株で儲ける2つの方法とは!?

ども。

あーべるです。

 

株ってのは儲け方が2種類あります。

インカムゲインキャピタルゲインです。

カッコいいですね。

コツコツ型とガツガツ型です。

 

f:id:Abel_elliptic:20170525093634j:image

 

◆まずはキャピタルゲインから説明しましょう。

 

1株 100円の株式を1000株買いました。

合計で10万円です。(本来+手数料がかかる)

1株 200円に値上がりしました。

1000株 持っているので、合計20万円です。

これを全て売れば、10万円の利益です。

 

イメージしやすい 所謂 "株" って感じですね。

これが『キャピタルゲイン』です。

無論、株価が下がる可能性はあります。

リスクがあり、リターンもあるのがキャピタルゲインです。

 

 

◆次にインカムゲインの説明

インカムゲインは株価の変動で儲けるわけではありません。

銘柄(上場企業)の中には、『配当』を行っているものがあります。

年間で所持株式数に対して、企業が定める割合だけ配当金が貰えます。配当金は郵便局などで身分証明をした上で、換金してくれます。

 

配当金には『利率』という数値があります。

利率 = 配当金/株価 ×100 です。

株価が変動する値なので、利率も変動します。

利率の意味は『買った株価に対して何%の配当金が貰えるか』ということです。

利率が5%の銘柄は20年で株購入金額分の元が取れます。

今日では、日本の銀行の金利は0.1%前後ですから、利率5%の株は破格なわけです。

 

◆では、なぜ企業は高い配当を設定するのでしょう?

 

たまに8%という恐ろしい利率の銘柄を目にします。

なぜ、恐ろしいかと言うと、利率8%で投資家を釣るのです。投資家を釣ることで、株購入数を維持し、株価を安定させているように見せているのです。

高配当の銘柄は業績が悪く、しばらくすると株価が暴落するケースが多いです。

 

利率が良いからと言って、安直にその銘柄を保有すればいいという訳ではないってことです。

逃げ遅れれば大損します。

 

◆中には株主優待ってのも

 

株主優待で生活する桐谷さんが有名ですね。

株主優待とは、企業が投資家に対して株保有数や株保有年数に応じて、ちょっとしたプレゼントをすることです。

 

プレゼントにも色々な種類があります。

自社製品や商品券、割引券など企業によって様々です。

 

1番有名な優待は、マクドナルドでしょうか。

f:id:Abel_elliptic:20170525093739j:image

100株持っていると、半年間有効なマックのセットが全て無料になる券を6枚くれます。

現在(2017年5月25日)では株価が4000円前後なので、100株保有するだけでも40万円が必要になります。

 

うーむ。手が出しにくい。

 

オススメする株主優待券の使い方があります。

それはプレゼントです。

マクドナルドに関してですが、株主優待は企業特有のプレゼントです。言い換えれば他では手に入らない特別なものです。それを誰かにプレゼントすれば独自性、独特性が生じ、印象深くなります。くれぐれも『株やってる』アピールをしないことがポイントです。お金もかかりませんし、コスパ最強だと思います。

 

いかがでしょうか。

株といっても色々な特性があり、色々な特典があります。

数多もの銘柄の中で、自分の選り好みをするのも意外と楽しいかもしれませんね。

 

では。

初心者でもわかる!株が上がるタイミングとは!?

ども。

あーべるです。

 

さて。

株式には価値があります。

それが株価です。

1株 〇〇円 という形で言われます。

 

株価が上がる条件を考えるために、まず株価とは何かを説明します。

 f:id:Abel_elliptic:20170523204904j:image

例えばりんご。

あなたはりんごを買おうとします。1個 100円です。

これは、その日にりんごの値段が固定されている、ということ。

しかし、ある年に雨が降らず、猛暑が続き不作な年もあります。こんな年は、りんごの値段が上がるかも知れません。

供給が減ると、値段は上がるということです。

 

そして、オークション。

ネットオークションで欲しい商品を入札したとします。他に入札者がいれば、商品の値段は変わります。

つまり、商品の値段が変動する、ということ。

商品に対する需要が高いと、値段も上がるってです。

 

では本題。

 

もちろん株も値段が変動します。これは投資家の需要供給があるからです。

ある投資家は1株1000円で売ろうとしている

また、ある投資家は1株900円で買おうとしている。

様々な注文が常に飛び交っています。どんな注文が飛び交っているか確認できる表があります。

例えばこれです。

f:id:Abel_elliptic:20170523204731j:image

これを板とか気配値とか言います。

必ずしも表示されている株価(1株 〇〇円)で売買されている訳ではないことを覚えておいてください。

売りたい側と買いたい側の希望金額が合致すれば購入が確定します。これを約定(やくじょう)がつく、と言います。

 

まあようするに株価は投資家の需要と供給で変動してます。つまり投資家次第で変動します。通常、株式は新規公開しない限り、供給は増えないので、

投資家の需要が高ければ株価は上がります。

 

では、投資家はどうしてその企業を買うのでしょう。

 

株式には経営に対して投票権を持ちます。

詳しくはコチラ↓

 

 株?FX?初心者でもわかる違い - Abel blog

 

成長しそうな企業は、まだ株価が低い(割安)です。すると、多くの株を購入することが出来ます。

企業が成長した暁には、大きな企業の投票権をいっぱい持っているということです。そして、株価が上がれば、さらにその分儲けがでます。

 

そのために投資家は成長する企業を見極める必要があります。判断材料(カタリスト)を集めます。例えば企業からの新規事業報告(IR)。最近では、任天堂のSwitchが話題になりましたね。色んな企業の色んな事業を見て、投資家は投資するか否かを判断しています。

また、決算も同様に判断材料です。例えば今にも潰れそうな企業は投資してもリスクが高いわけです。

 

つまり、株価が上がるタイミングを掴むには、そこ企業が他の投資家も投資する材料が揃っているかをいち早く正確にゲットすることです。

 

投資家には素早い情報が必要です。

投資家をイメージすると、何台ものパソコンに囲まれてグラフを見ているイメージがあるのでは?

 

 

他にも色んな判断材料はあります。

株価の特徴を示す指標を材料に投資する

その企業の商品 サービスの質を材料に投資する

人それぞれです。

 

その中で跳ね上がる株を購入するには、その企業を調べあげる必要があるかもしれません。

投資家も立派な職業です。

簡単な仕事なんて、ないのかも知れません。

 

では。

 

いくつもの趣味を両立させるには!?

どうも。あーべるです。

 

僕は高校3年間だけで色んな趣味を始めました。

その中でそこそこの熟練度を誇り、

今でも続けているものは以下の通り。

 

・動画編集

・ギター

・カードマジック

・メンタリズム

IllustratorPhotoshop

 

では、どんな趣味が続けられるのか?

どのように活動すれば効果的に会得できるのか?

 

僕が続かなかった趣味と比較しながら

解明していきましょう。

 

f:id:Abel_elliptic:20170522204822j:image

◆多趣味になる考え方

短期間で多趣味をこなすには相応の考え方があります。

1,時間を惜しむ

1日は24時間です。あなたにも、小さな子供にも、ご老人にも、富豪にも、難民にも平等です。

そんなこたぁ 分かってると思います。

 

実際に時間の貴重さを感じてみましょう。

 

東京の最低賃金は時給932円です。

1日に活動できる時間を18時間とします。

 

すると、1日には17000円分の価値があります。

1日ダラダラ過ごすことは17000円捨てるのと同じ価値を持ちます。

大富豪ともなれば時給はメチャ高です。

より時間の貴重さを知っています。

 

 つ ま り 、いくつもの趣味を両立させるには時間を効率的に使い、効果的に活動しなければいけません。時間の使い方を上手くしましょう。

 

オススメは移動時間なんかに 今日の残りのスケジュールをババっと立てることですかね。

 

僕は移動時間にマジックなどについて調べあげ(効率の重視)、マジックの練習を行っていました(効果の重視)。

コチラもオススメです。

 

2,目的意識をハッキリさせる

何のためにその趣味をやっていますか?

ストレス解消?友達と一緒にやる?人を喜ばせたい?

なんでもいいです。ただ、なんとなくは辞めましょう。続きません。断言します。

 

3,1日にいくつもの趣味をしない

僕でいえばギターを弾いた日にマジックやら動画編集やらの勉強はしないってことです。

2つまでの趣味をすることはセーフ。3つ以上はアウトです。

理由は単純で、効果的に趣味が洗礼されないからです。

 

 

では、具体的にどういう趣味が続くのか。見ていきましょう。

 

 

◆ 続けている趣味の共通点

1,始めたきっかけ

全てに共通して言えます。環境があったからです。部活や委員会で『やらなければいけない』という半ば強引な状況がありました。自分をその環境に投じるという手法もあります。

 

2,人に見せられる(喜んでもらえる)

やはり、成果として実績を感じられることは大きいです。続けていくきっかけにも繋がります。

 

3,希少性

同世代でやっている人が少なめです。母数が少ない方が上位は狙いやすいですから、満足感は得られやすいですね。同じ趣味を持っている人同士が盛り上がることがありますが、希少な趣味だと話のタネになります。

 

次に続かなかった趣味の特徴を見ていきましょう。

 

◆続かなかった趣味の共通点

1,しばらく続けても成果がなかった

3ヵ月続けて、一部分でも人に披露できるような状態でなければ向いていないのかもしれません。

仮に読書でも、知識を説明できる状態なっていれば充分なのです。

スポーツであれば、試合が少しでもできるようになればいいのです。観客に『披露』できる状態を意味します。

 

2,やる気が起きない

その趣味に手が伸びなければ、何かしらの心理的ネックがあります。そのネックを払拭するか辞めるかするほうが賢明です。

 

3,他に上手い人と仲良くなれなそう

性格悪い人が自分より上手いと、その人を目指しているようでやる気を失ってしまう可能性があります。

裏を返せば、その道で尊敬できる人を見つければコチラの勝ちです。

 

 

最後に。

趣味は考えるより行動。考えててもなにも上達しませんしね。そして、自分が楽しんでいることを実感しましょう。より没頭し、上達することでサイクルが生じ、その趣味が洗礼されていきます。

 

広く浅くやることは自分の見聞を広めることもでき、選択肢を増やすこともできます。

 

ただ、最終的には誰にも負けない矛を持った人が生き残りやすいということも忘れないでください。

 

どちらも一長一短です。

選ぶのはあなた。

 

では。